【連載】3,000円で始めるFX (2)
IMG_4462


この連載は、資金3,000円だけを原資として、何日持つかいくらまで稼げるのかに挑戦する企画です。


では、その具体的な内容を説明します。

まず、FX取引会社は、OANDA Japanさんです。
今回ここを選んだ特徴は、1通貨ペアから取引できること。日本国内では、他にはSBI FX TRADEさんくらいでしょうか。

繰り返し注文入力がしやすいこともメリットです。

口座の中で両建てはできないのですが、主口座+サブ口座の合計10口座を持てるので、取引のスタイルに応じて口座を使い分けることが可能です。

取引方法
 これは、現在わたしは主に行っているVer.4の縮小版で実施します。
 基本的に、ドル円、両建て、順張り、損切りなしです。
 証拠金総額が3,000円なので、SHORT口座に1,500円、LONG口座に1,500円と振り分けます。
 Ver.4のリスク係数は0.25%ですので、
 開始時の1ポジションあたりの証拠金は、
 3,000×0.25=7.5通貨(ドル円)
 OANDA Japanさんのドル円1通貨ペアの保証金が4円くらいなので、
開始時は1ポジション=2ドル円=約8円ということになります。
 32円くらいの証拠金で、800円くらいを運用することになります。

 んでもって、
 指値ですが、現在値がドル円=108.70だったとして、
 SHORTは、108.5, 108.25, 108.0, ・・・と25pipsおきにエントリーします。
 LONGは、108.75, 109.0, 109.25, ・・・と25pipsおきにエントリーします。
リミットオーダーは24pips固定です。
 なぜ、24pipsおきかというと、次の指値が来る前に決済することにより、ポジションを膨らませて証拠金不足に陥らないためです。通常スプレッドは1pipsないので、これでいいです。

 それから、OANDA Japanさんの特徴として特筆すべきは、ポジションを取らない限り保証金が拘束されないので、注文をジャンジャン入れることができます。

今日の進捗は・・・
IMG_4465IMG_4466


 1ポジション=8ドル円

 口座資産  3,003円
 評価損益  0円
 純資産  2,998円
 資金  3,000円
 確定損益  3円
 瞬間損益  -2
 (2016年5月16日より)損切り、ロスカットなし


FX業者はどこでもよいですが、この連載では小ロットで始めやすく、両建てできるところを掲載しています。斡旋でも紹介でもありません。

OANDA Japanはこのバナーで詳細をご確認ください。

  • 【FX初心者ユーザー】 1通貨から取引可能。 個人のレバレッジは25倍なので、ドル/円だと、4円から取引が可能です。
  • 【FX上級者ユーザー】 1ロット1000万通貨まで約定が可能(USDJPY300万通貨まで)
  • 【MT4ユーザー】 メタトレーダーのスプレッドは業界最安値水準
  • 【信頼性の訴求】 1995年にカナダで祖業され、世界の投資家に愛用されている、海外ではベストブローカー賞などの数々の賞を受賞しています。 信託保全、日本国内での登録業者 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 世界取引高14位です。 OANDAレートは世界の著名な会社で利用されています。
・・・・・
ところで
、同じく1通貨ペアで取引できる、SBI FXトレードさんでも運用実験しています(・∀・)つ
こちらも証拠金3,000円でスタート。メンテナンスは1日1回くらいかな。
Clipboard01
OANDA Japanさんと比較すると、注文を入れただけで証拠金が拘束されたのがわかります。

スプレッドは小さくて有利。

果たして、OANDAとどのくらい差が出るかな?

SBI FXトレードの詳細は、こちらでご確認ください。
SBIFXトレード
最小「1ドル円」から取引可能。3,000円でも始められるけど10万円は入れておきたい。

この記事はFX業者の紹介をするためのものではありません。
また、FX業者の口座を開くのも、開かないのも自由です。

(つづく)

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村