度が過ぎる
Clipboard01

いくらなんでも、これは度が過ぎる。しかし、起こるべくして起きた傑作フィギュアかもしれない。

安心してください。普通の人体モードもあります。

もしかしたら、この人体図模型で新たな発明のヒントが生まれるかも?明日は発明家??

天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が仕掛けた黄金比の謎を、figmaで解き明かせ!

だれもが知っているあの芸術作品が、figmaになって動き出す、それがテーブル美術館です。第五弾となる今作は、「世紀の天才」と呼ばれたレオナ ルド・ダ・ヴィンチが描いた「ウィトルウィウス的人体図」です。ルネサンス期に描かれたこのドローイングは、人体が持つ様々な“数”や“比率”が隠されて いるとされ、「人体の調和」とも呼ばれる作品です。あらゆる分野にたぐいまれなる才能を発揮した「ダ・ヴィンチ」からの挑戦状を、可動フィギュアで解き明 かしてください。

  • スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、『人体図』ポーズはもちろん、さまざまなアクションポーズを再現。
  • 要所に軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず、可動域を確保。
  • 『人体図』ポーズを再現する為の専用パネルや、胸&上腕、太もも、手首など、さまざまなパーツが付属。
  • さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。


figma テーブル美術館 ウィトルウィウス的人体図[フリーイング]

あみあみで購入する


↓↓↓Amazon.co.jpはこちら↓↓↓


フィギュアに強い通販サイト!