9月の権利確定日を難なく超え、勢い衰えないかのようなタカラトミー。

しかし、敵は内にも外にもいるもの。

チャートだけをぱっと見ると、先週末の下値1,034円が一つ目の支持線かのようにも見えるが、安心してはいられない。

9月下旬以降に株を買った勢は、思うほど上がらなかった株価に対してさらなる上昇を望みながらも、急落の被害は免れたい。どこで売ろうか迷っている。権利落ち日に下落しなかっただけに迷っている。私も(・◇・)ゞいや、わたしは9月下旬には買っていないけどね。

※このブログの金融記事は大いに事実を元にしながらも、フィクションなので鵜呑みにしないでください。株の売買、為替の取引などはすべて自己責任で。



そこで、値動きの様子をみつつ、基本上昇にも下落にもついていくスタンスで、買いについては前日高値と終値の90%、80%で指値して待ってみます。

先週末だと、高値が1,075円、終値が1,062円なので、指値は967/955/860/849円となり、安値を拾えそうな気がします。

一方で上方向は1,094円を超える値をつけるまでは、当分気にしなくていいのかなと、充電期間に入るのかな?とも思っています。